2,141 views

ドローンの業務利用事例まとめ2

drone

以前ご紹介した小型無人飛行機「ドローン」の業務利用まとめ第二弾です(第一弾はこちら)。

1.ホームセキュリティ


固定の監視カメラでは特定できない遠くの不審車(者)を、カメラとライト搭載のドローンが鮮明にキャッチ。画像をいち早く送信することで、不審者の追跡・確保に役立つことが期待されています。

2.落書き防止


ドイツ鉄道の落書き被害は800万ユーロ(約10億円)にのぼるそうです。カメラを搭載したドローンを夜間巡回させることで落書きがされないよう、抑止効果を発揮。落書きされてしまった後も、撮影した映像による犯人特定が期待されています。

3.飲食店の接客


これまで配膳機能よりPRの側面が強かった食事運びドローンですが、シンガポールでは実用化が進んでいます。近い将来、日本にもドローンが接客するレストランが現れるかもしれません。

4.森林保護

【読売新聞】ドローン途上国の森守る 酪農大で演習 | 酪農学園大学 | 獣医学群・農食環境学群
 本学環境共生学類・環境GIS研究室(金子正美教授)とJICAが主催し、本学構内で行われたドローンの飛行演習が、読売新聞に掲載されました。  

ドローンに搭載したカメラで森林の様子を撮影。写真を立体的に加工し、森林の現状把握に活用した事例です。途上国の森林や生態系保護の支援を目的とした、JICAと酪農学園大学による共同演習。

5.救急救命

ドローンが命を救う Project Hecatoncheir発足。生死分ける心肺停止後の8分半、AEDを空から現場に(更新) - Engadget Japanese
救急の日の9月9日、救命医療にドローンなどを活用する新プロジェクト「Project Hecatoncheir」(プロジェクト ヘカトンケイル:百腕巨人プロジェクト)が発足しました。50の頭と100本の腕を持ち、ゼウス軍を助けたとされる古代ギリシャ神話の3人の巨人たち Hecatonch...

最後は、救急救命の活用事例です。一刻を争う状況下での医療物資搬送に、ドローンを活用するプロジェクトが発足しました。応急処置の指示をドローン経由で行うことにもチャレンジしており、救急救命の在り方を大きく変える可能性を感じます。

まとめ

本記事では、ドローンの業務利用の事例をご紹介しました。ドローンに関する最新情報はDRONE BORGにわかりやすくまとまっています。ドローンに興味ある方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ライター