1,346 views

入札案件の取りこぼし防止!入札情報を効率的に集める事例

入札案件

今回の事例はこちらから。

ベンチャー企業の株式会社LIGが、入札情報サービス「NJSS」を体当たりで利用した事例が掲載されています。

NJSSとは?

株式会社うるるが提供する入札情報サービスです。全国の官公庁・自治体・外郭団体など5700以上の機関の入札情報を一括検索することができます。上手に使うことで、総額20兆円以上の入札情報の中から自社に合った案件を効率よく見つけ出し、案件の取りこぼしを減らすことができます。

効率よく収集できる理由

膨大な案件をリアルタイムに収集している

全国各所から膨大な案件を収集しています。直近の新着案件数は下図の通り。自身ではとても収集しきれない数の案件を代わりに収集してくれます。
NJSS新着案件数

効率的に検索できる

下図の通り、エリア、入札形式、入札状態、キーワードなど、事細かな条件で案件を検索することが可能です。
検索条件状態 検索条件エリア 検索条件その他

新着案件をメールで通知してくれる

キーワードと案件絞込条件を設定しておけば、その条件に当てはまる新着案件を毎日メールで通知してくれます。

まとめ

今回は、入札案件情報を効率的に集める事例を紹介しました。NJSSには8日間の無料プランがありますので、入札案件の取りこぼしを減らしたい方は試しに使ってみてはいかがでしょうか?

NJSSのサービスサイト