780 views

社員全員が筋トレを!「健康経営」の奥義とは!?

「毎日仕事で終われ、食事も不規則」「歩くのは家とオフィスの往復だけ」そんな生活にさよなら!仕事と運動のバランスをとり、抜群のパフォーマンスを発揮しませんか?

今回は、業務時間内に、社員全員が加圧トレーニングやヨガを行うという「健康経営」を行う株式会社フォーサイトの事例をご紹介します。

心も身体も健康に!「業務時間に」全員が筋トレに取り組む、健康経営の実現法とは | SELECK
〜従業員の「健康」を本気で考える!業務時間内に加圧トレーニングに参加するという社内制度を作ることで、健康経営を実現した事例〜不規則な睡眠、外食に偏りがちな食生活、長時間の勤務によるストレス...多忙な日々の中で、心身ともに健康を保つことは

全員参加の「健康経営」

株式会社フォーサイトは、資格取得を目指す方々にむけた通信教育の事業を展開する、社員約40名、アルバイトを含めた従業員約160名ほどの会社です。

そんなこの会社が行っているのが、社員全員が参加する加圧トレーニングです。
会社の徒歩圏内のジムにて、マンツーマン形式の週1回・1時間のトレーニングを受ける制度を作りました。費用も会社が大部分を負担しているそうです。
社員がトレーニングをするコマをそれぞれで予約し、当日は着替えをもって出勤します。シャワー室と洗濯機も、オフィス内に備え付けてあるため、それを利用できるそうです。

以前は、スポーツ手当という形で全額を会社負担にして、社員にジムに通うことを推奨したのですが、継続する人が少なく、2013年11月ごろより、思い切って業務時間の中に組み込む形で加圧トレーニングを受けてもらう制度を作ったようです。

筋トレやヨガの実際の成果は?

トレーニングを始めた社員は、最初は辛いと言うそうですが、3ヶ月ほど経つと、みなさま成果を実感し始め、今では、とても前向きに取り組んでいるとの事です。

デスクワークが中心で、姿勢が悪くなるという悩みを持つ人も多い中、それを矯正するようなメニューのトレーニングも受けられるため、日常の業務の能率が上がったそうです。

また、単に体が鍛えられるだけでなく、体調不良で休む人の数も激減したとの事。

さらに、メンタル面でも良いリフレッシュになったり、部活的な要素もあって共有できる話題も増え、社内コミュニケーションが活性化したりと、他にも効果がたくさんあるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

社員全員が筋トレをするだなんて、ちょっぴり変わった会社、と思われたかもしれません。しかし、バランスは何事に対しても絶対大事なことだと思います。仕事だけでなく、スポーツを通してバランスをとる、というのは1つありかもしれません。

そして、この会社がここまで社員の健康を考えるくらい、人を大切にしている、というのがまた素敵ですね。