179 views

あなたも出来る!入力フォームを変えただけで申し込み完了率が2倍以上になった事例

「WEBページは持っているけどなかなか申し込みが増えない」「申し込みを増やしたいけれどどうしたら良いの?」そんな悩みを抱えた方へ、今回は結婚式場の情報ポータルが、入力フォームの最適化で申し込み完了率を2倍以上に増やした例をご紹介します。

EFOを行い入力フォームの申込み完了率が2倍になった成功事例
私たちは、ブライダル系サービスのLP(ランディングページ)で、結婚を考えているユーザーと、結婚式場のマッチング(お問い合わせ)をしています。LP全体のデザインは、主にピンクを基調とし、結婚式・結婚式場、実際のスタッフの写真を掲載することで、具体的なイ...

事例の背景

本事例では、結婚を考えているユーザーと、結婚式場のマッチング(お問い合わせ)を目的としたホームページを運営していました。

しかし、入力フォームに訪れた人のうち、約7%しか完了していませんでした。ほとんどの人がページを進んでいなかったのです。

入力フォーム改善の成果

1か月で申し込み完了率が2倍に!

そこで、入力フォームを改善した結果、1か月後には申し込み完了率が16%に跳ね上がりました。
入力フォームを見直しただけで、実にCVRが2倍になったのです。

入力フォーム改善のコツ

効果的にイメージ画像を挿入

入力画面の上部に効果的なイメージ画像を挿入する事で、入力をそそります。

この事例の場合、入力フォーム上部にカップルの人物写真を設置し、式場が見つかって理想の結婚が出来たというゴールをイメージできる工夫をしたようです。

タイトル変更で所要時間まで記載

登録にかかる時間の目安を記載し、簡単に登録できることを伝えるため、「登録はたったの60秒」という文言を入れたそうです。
また、タイトル文も「お申し込みフォーム」から「ご希望オーダーシート」に変更し、心理的ハードルを低める試みを続けたようです。

必須項目と任意項目を明確化

入力で迷わないよう、また項目が多く見えないよう、必須項目と任意項目が一目でわかるようにしたそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このような小さい点の工夫で、入力フォームを変えただけで申し込み完了率が2倍以上になりました。

あなたも出来る!今一度見直して見ては如何でしょうか?