241 views

導入1か月で2名の即戦力採用!ビズリーチで会社を加速させた事例

「会社を一緒に加速させてくれる人材が欲しい」「紹介会社にはだいぶ前から頼んでいるけれど、良い人材にめぐりあえない」…そんな悩みを抱える方へ。

今回は、2009年設立の会社が、ビズリーチを使い始めて1か月で2名のWEBマーケティングの即戦力を得られた事例をご紹介します。

今回の事例はこちら

【導入事例】株式会社ヴァリューズ|求人掲載、人材採用ならビズリーチ
驚いたのは、人材データベースの質の良さ。1ヶ月程度で、2名の採用に成功しました。株式会社ヴァリューズ様の導入事例のご紹介です。

ビズリーチ導入の背景

株式会社ヴァリューズは、2009年に創業、従業員30名以内のベンチャー企業です。IT・マーケティング分野のプロフェッショナル集団として、社会的影響度の高い企業を対象に、マーケティングとIT最先端技術を駆使したネットビジネスネットビジネスを行っています。

同社はビジネスを加速させるため、WEBマーケティング・ログ解析の経験者で即戦力となるような人材を探していたようです。ところが、そんな人材は転職市場の中でも希少な存在だった為、知人紹介や紹介会社、他の採用サービスを利用して採用活動を行ってもなかなか求める人材とめぐり合う事が難しかったようです。

そこで、質の高い人材データベースを持ち、ピンポイントで簡単に欲しい人材を探せるビズリーチを活用し始めたとのことです。

ビズリーチの成果

導入後1か月で2名の採用に成功!

2013年3月にビズリーチを使い始め、4月には会社の幹となるような即戦力の人材2名の内定承諾を得ることができたようです。

採用したのは、Webマーケティング経験を持つ30代前半の方と、事業企画で幹部候補の30代後半の方だそうです。後者の方は、もともと募集していたポジションではなく、この方に適したポジションを用意しての採用となったとの事です。

ビズリーチの運用方法

面接というよりも面談形式

「ダイレクトリクルーティング」では、転職意向の弱い人もいる事を考慮し、面接というよりも面談形式を取り、会社の説明をしたあとにディスカッションを行うなど、形式には工夫をしたそうです。

メールは即時返信

ビズリーチでは、自らデータベースを検索して人材を探し、スカウトして面談します。スカウトした人や応募してくれた人へのメールの返信は即時することを心がけたそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

会社を加速させるために最も重要と言っても過言でないのが採用です。
その採用でお悩みの方、上手く使いこなす事で高い費用対効果が期待できるビズリーチの利用を検討してみてはいかがですか?