210 views

年末調整の作業が5分の1に!もう「あの面倒な時期がやってきた…」とは言わせない!給与計算freeeで業務を効率化させた事例

「師走」が企業にとって「経理走」となる年末。「今年もあの面倒な時期がやってきた」「経理は今晩2徹めだ」…そんなふうに毎年年末調整で苦労なされている方へ。今回は、もはや誰もが知っているクラウド型給与計算ソフト「freee」をうまく使いこなす事で、年末調整の作業が5分の1になった株式会社エヌワンシステムの事例をご紹介します。

今回の事例はこちら

株式会社エヌワンシステム | 会計 freee 導入事例
給与計算freee 導入前は紙の回収作業に時間がかかっていました。freeeなら全てペーパーレスでできるので効率的です。また、従業員アカウントを追加することで従業員自身が情報を入力できるのでスムーズに年末調整を追えることができました。

給与計算freee導入の背景

株式会社エヌワンシステムは、従業員35名、 ビジネスコンサルティングや
システム構築サービス等を手掛ける、2004年に設立された会社です。

会社規模が大きくなるにつれ、表計算ソフトでの給与計算が限界に近づき、また法改正にもついていくのが難しくなり、給与ミスが発生するようになった為、給与ソフト導入を決めたそうです。

月1,980円というコストで利用できる点、給与明細を紙ではなくメール等で発行できる機能がある点が決め手となり、給与計算freeeを導入したようです。

導入の成果

年末調整の作業が5分の1に!

freee導入前までは、1週間程かけて書類の回収から入力値のチェック、計算をい、膨大な時間がかかっていました。
給与計算freeeならペーパーレスでできるので、最も時間のかかる紙の回収がなく、圧倒的に効率があがったそうです。

また、給与計算freeeに従業員全員のアカウントを追加する事で、従業員がfreeeに直接情報を入力し、その進捗具合のチェックができるので、スムーズに年末調整を終えることができたとの事です。

以上の結果、導入前と比較すると年末調整にかかる作業は5分の1になったそうです。

まとめ

如何でしたでしょうか?

「年末調整が面倒」というのがに終わりが来る時代が近いかもしれません。まだ膨大な時間を取られている方へ。ぜひ給与ソフトfreeeをうまく使ってみて下さい。